アイスコーヒーの作り方

暑く晴れた日には、
冷たいアイスコーヒーを飲みたくなりますよね。

当店でも、アイスコーヒーを
ご注文されるお客様が増えてきました。

ドリップコーヒーと言えば、ホットコーヒーを連想しますが、
ドリップしたコーヒーを冷やして作るアイスコーヒーは
格別に美味しいんです。

今日は、ドリップコーヒーから作る
アイスコーヒーのコツについて、お話してみようと思います。

アイスコーヒーに合うコーヒーは?

コーヒーに限らず温かい飲み物は、
香りや風味を楽しめるので、
少しずつ口に含んで飲みますよね。

アイスコーヒーはというと、
喉越しが欲しいので一口が大きくなります。
冷たい飲み物は香りや風味が感じにくい点もありますね。

アイスコーヒーでまずお勧めするのは、
王道、コクを楽しめる深煎りのコーヒーです。
冷たい喉越しの中に、コクと苦味を感じるので
やっぱり間違いない美味しさです。

でも、実は浅煎りで酸味のある
フルーティーなコーヒーを冷たくしても
爽やかな酸味でとても美味しいですよ。

当店でも、王道であるコクと苦味のある
ダークアイスコーヒーと、爽やかな香りの
ライトアイスコーヒーの2種類をご提供しています。

スポンサーリンク

アイスコーヒーの作り方

それでは、実際に作り方をご紹介していきます。

用意するもの

1人分 150ccでコーヒーは20g。
杯数が多くなるにつれて、1人分の豆の量は少なくしましょう。
大量に作るときは、少量に作る時と比べて効率が良くなるからです。

杯数ごとに豆量が減るイメージをしてもらえればです。
1人分 → 22g × 1
2人分 → 20g × 2
3人分 → 18g × 3
4人分 → 16g × 4
5人分 → 14g × 5

もちろんコーヒーの種類や焙煎具合によって、
適量は異なります。
ご自身の「美味しい量」を見つけてみてくださいね。

今回は5人分として、80gで800ccを作ってみます。

⑴ドリッパーにコーヒー豆を入れ、サーバーにセット

基本として、濃いめから試しみてください。
濃すぎると思ったら、少しずつ引き算していくといいです。

⑵お湯を用意して、ドリップ

ここがポイントです!
お湯はゆっくりと細く注いであげてください。

作りたい人数分の半分をドリップします。
今回は、800ccを作るので、400cc。

お湯の温度については、下の内容でお話しています。

ドリップするお湯温度の秘密!

2017.05.27

⑶氷で一気に冷却

サーバーまたは、グラスに氷を入れます。
400ccまでドリップしたコーヒーに氷を400cc分入れて
一気に冷却します。

ホットコーヒーを一気に冷やすには、
ほぼ同等の氷量が必要になるからです。

⑷グラスに氷を入れる

まとめ

今回はドリップでのアイスコーヒーの作り方を紹介しました。
フレンチプレスやエアロプレスでも、基本的に作るポイントは同じです。

濃く抽出して、一気に急冷する。

また、アイスコーヒーは、ホットコーヒーとは違って
劣化しにくいので、多めに作っておくのもおすすめです。

ドリップで美味しいアイスコーヒーを作ってみてください。

おまけ的な話

予めサーバーやグラスに氷を入れて、ドリップする方法もあります。
微妙な違いですが、味が異なってきます。

ホットを作ってから、急冷するとコクに伸びが出ます。
氷にドリップすると、さっぱり感に伸びが出ます。

こちらも機会があれば、一度試してもらうと面白いと思います。

スポンサーリンク