Macbook Pro おすすめガジェット

Macbook Pro M1を購入して2週間弱。
自分なりの周辺ガジェットが揃ってきたので、ご紹介したいと思います。

Macbookを既にお持ちの方、これから購入される方々。
参考にしてみてください。

あったら便利なだと思うガジェットを紹介させてもらいます。

あったら便利!

1.トラックボールマウス

おすすめポイントが多かったので、別記事にしております。

MX ERGOと専用ケースについてをどうぞ。

MX ERGO が気になる方へ

ノートパソコンスタンド

スタンドは今回買ってみて、存在価値をしりました。
27インチのiMacを使用してきた自分からすると、ノートパソコンの目線は地獄の低さに感じます。
とにかく首にきます。

Amazonで見ても、いろいろなタイプのスタンドがあります。
がっちりとした、据え置き型のスタンド。
折り畳めるタイプのスタンド。

自分は外に持ち出す為にMacbookを購入したので、折り畳めるタイプのスタンドを購入しました。

この目線が上がるというガジェットは、おすすめです。
長時間作業の方は特に。

デメリットとすると、高くなるのは画面だけではなくキーボードも高くなりますので、タイピングする手に角度が付いてしまいます。

テーブルと椅子のバランスによっては、別にキーボードもあったらいいかもしれません。

気になる点は、この手のスタンドはPC本体がずり落ちないように爪がでますよね。Macbookは通常のノートPCよりも薄いので、本体の厚みよりも爪が長く突き出すことになります。
角度によっては入力時にこの爪が手首に当たります。

PCケース

機能面が良いケースはたくさんありますが、どれも似たり寄ったりで面白みがなくて、自分はこれにしました。
保護性も一応はありますし、内部がキルティングなので本体に傷がつくことはありません。

封筒タイプのかわいさで、一応のクッション性。

1. 画面保護フィルム

保護フィルムをちょっとググってみると、2流派の論争がでてきます。

どんな論争かというと。

貼る派

いくらガラスの画面でも細かい傷が着く。
Macbookを閉じた際に、画面とキーボードとの隙間が少ない為、ゴミ等が挟まってしまい移動時の振動で画面に細かい傷が着くとのこと。

傷が多少でも確認できてしまえば、リセールバリューは下がってしまいます。
できるだけ高く売るためにも、保護フィルムは必要という考えですね。

貼らない派

せっかくのRetinaディスプレイの綺麗がなくなってしまう。
MacBookを閉じた時に画面を圧迫して、逆に傷や汚れのリスクが高まる。
iphoneやipadのように画面を触るわけではないし、基本的に傷つくことはない。

どちらの言い分もわかりますよね。
売ることまで考えるのか、本来の性能を優先するかといったところでしょうか。

自分の経験上でも、確かに以前使用していたMacbookは探さないと見えないレベルですが、細かい傷が付きましたね。
電源を切らないと見えないレベルでしたが。
会社のからの支給ものだったので、売値のことはわかりませんが、恐らく売値は下がっていたのだとは思います。


さて、本題の自分の場合はというと、保護フィルムを貼りました。

やはり、気を使わないで済むということ。
指紋等が付いた時に、傷を恐れてがっつり拭けないのいやですし。

今後、売ることを考えても、高く売れたに越したことはありませんので。
映像系の仕事でもないので、色味が変わってしまうという点はまったく気になりません。

貼らない派にもあったように、Macbookは極限まで薄くできるように、画面とキーボードの間を薄くしています。保護フィルムを貼ることで、キーボードが押されている状況になるかもしれませんね。

なんの根拠もありませんが、個人的に問題ないレベルだと割り切っています。

この商品、アンチグレアではなくツヤツヤのものです。
お約束の気泡問題は、取り付け時には数カ所に気泡が入ってしまいました。

レビューにも数件ありましたが、数日で綺麗に消えました。
細かな気泡が残ってしまっても、液晶がつけば見えなくなるのであまり神経質にならなくてもいいと思っています。

USB C ハブ

今回のMacbookシリーズはUSBタイプCが2つしかありません。
これは流石に不便。
iMacのように、SDカードリーダもありません。

音楽制作もするので、どうしてもCDRを多様しますので、タイプAのUSBディスクドライブも使えません。

最近の主流は、ハブに2つタイプCのUSBが付いていて、両方ともにMacbookに差し込むもの。本体に差し込む形状なので、スッキリとさせることができます。

自分はというと、短いケーブルがでているタイプのハブにしました。
その方がケーブル等が邪魔にならないかとおもったので。

後は見た目だけです。
基本ロゴ等のプリントされているものはすきではないので、シンプルなもの。
それだけです。

機能面はほぼ変わらないと思いますので。

ハブに関しては以上です。

2021年1月23日追記
こちらのハブでHDMI端子から外部モニター接続をしていました。
2時間程、スリープ状態にしました。

その後、電源が入らなくなってしまいました。
個体差の問題で、たまたまハズレくじを引いてしまったのかもしれませんが、商品レビューを見ると他にも同様の症状になってしまった方がいました。。。

HDMI接続意外には問題はありませんでしたが、ご購入はお控えになった方がいいかもしれません。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

デスクトップを長年利用してきた自分からすると目新しいガジェット達でしたが、ノートPCを使っている方からすると、知っているものばかりだったかもしれないですね。

この度、Macbook Proを購入するにあたり、特にMX ERGOとの出会いは大きかったです。
生産性が上がりました。

まだまだ気になるガジェットもありますので、購入した際はご紹介してみたいと思っています。

スポンサーリンク

この記事をSNSでシェアする