どのドリッパーがいいのか? Part1(メリタ式とカリタ式の違い)

様々なメーカーのドリッパー。
メリタ、カリタ、ハリオ、コーノ、etc…

「ドリッパーってどれがいいんですか?」と、多く聞かれます。

ドリッパーは、いろんなメーカーから出ています。
大手、メリタ・カリタ・ハリオ・コーノ。
もちろんその他のメーカーからもたくさん出ています。

異なる特徴があるので、何回かに分けて、お話していこうと思っております。

第一弾は、とても似ている「メリタ」と「カリタ」の2社の違いについて
お話をしてみようと思います。

コーヒーのドリップはいつから始まった?

1904年のドイツ人のメリタ・ベンツさんという女性が考案。
当時のコーヒーの飲み方というのは、カップにコーヒーの粉とお湯を入れて、しばらく待って粉を沈め、
上澄みを飲んでいたようです。

そこでメリタさん、粉が口に残らないように、紙で濾せばいいのでは?と考えて、ドリッパーを考案したそうです。

1つ穴のメリタ・3つ穴のカリタ

メリタ式は日本にも伝わり、カリタが同様の商品を作ったわけです。

現在では、カリタのドリッパーが一番普及しているようですが、実はメリタという名前から、「メリ」を漢字として見ると「刈」。カルという字です。
刈タ→カリタにしたそうです。
パクリ方が斬新だと思いませんか。笑

名前もロゴもそっくりな上、形もほぼ同じ。

左側が「メリタ」右側が「カリタ」です。
とてもそっくりなドリッパーですよね。

違いといえば、メリタ式は1つ穴でカリタ式は3つ穴というくらい。

ペーパーの装着方法も同じです。
(カリタ用のペーパーです。)

このような、底が平らなペーパーを利用します。
このペーパーを下の画像のように折ります。

横側と底側を逆の方向に折ります。
ボコボコしてる帯が逆に折れているのが分かりますか。

抽出方法

ところが、抽出方法はぜんぜん違うんです。
抽出の概念が違うんですね。

メリタの抽出方法は、お湯を数回に分けて落とすのではなく、蒸らし後に「1×2」、「1×4」の杯数の目盛りに合わせて一気にお湯を落とします。
一つ穴なのでお湯はゆっくり落ち、お湯は長時間滞留します。
メリタ式は1つ穴にして、正確な時間で抽出されるように計算しています。

コーヒーにあまり時間を掛けたくない方や、朝などの時間がない方に良いでしょうね。
初心者にも失敗しにくいドリッパーだと言えます。

メリタ・ベンツさんの当初の考え通り、できるだけ簡単にコーヒーを淹れることを目的に考案されたものですから、コンセプトどうりと言えるのかもしれません。

一方、カリタの抽出方法は、3つ穴から速くお湯が落ちるので、蒸らし後、3回から4回に分けてお湯を注ぎます。

カリタ式はメリタ式に比べて、注ぎ方に気を使う必要がありますが、メリタ式に比べれば、味の調整がしやすいという点があります。
香りや淹れ方にもこだわりを持って、味を追求したい人に向いています。

お湯の滞留時間は、コーヒーの味に大きく影響します。
お湯が豆に触れている時間が短ければ、余分の雑味成分は抽出しにくくなります。
逆に、触れている時間が長ければ、豆本来の成分がしっかり抽出されて、濃いめのコーヒーになるということです。

スポンサーリンク

注意すること

ペーパーは、ほぼ同じ形状をしていますが、目的が異なるドリッパーですから、メリタのドリッパーには、
やや厚手のメリタ用のペーパーが存在します。

スーパー等で売られているペーパーは、実はほとんどが、カリタ用のペーパーなんです。

ドリッパーに合わせてペーパーも作られているので、持っている性能を発揮させる為にも、同メーカーのペーパーで試してみることをお勧めします。

最後に

今回はメリタ式・カリタ式のお話をしてみました。
以外にタイプが違うドリッパーだったと思いませんか。

それぞれの生まれた経緯も、とても面白いですよね。
名前、ロゴ、形まで似ている理由、コーヒーを抽出する概念が異なる点をご理解いただけたでしょうか。

ちなみに当店では、ハリオのV60というドリッパーを使用しております。
メリタ式、カリタ式に比べて、お湯の落ちる速さがとても早いのが特徴です。

円錐型の特徴や、ポイントも色々とあるので、次回はハリオ式・コーノ式のドリッパーについてお話してみたいと思います。

どのドリッパーがいいのか?Part2(ハリオ式とコーノ式の違い)

スポンサーリンク

この記事をSNSでシェアする